飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

飼い方ABC~鳥編~

病気かも?と思ったら

こんな症状を見せたら要注意

●元気・食欲がない
元気がない小鳥は止まり木にじっと留まったままでいたり、羽をふくらませていたりします。いつもと様子が違うのに気づいたら、早めに動物病院へ行きましょう。
また、小鳥は体力がないため、エサを食べないでいると体力がどんどん落ちていきます。エサの減り方には常に気を配りましょう。

●下痢をしている  
下痢をしている小鳥は肛門の周りが糞で汚れています。エサや水が原因で起こる他、細菌性の場合もあります。

●羽や足の形が普段と違う  
羽をだらりと下げていたり、足をつかないなど、姿勢が普段と違う時は脱臼・骨折の可能性があります。

●その他、普段見せない症状を見せている  
小鳥は身体に異常が起こっても、症状にはなかなか見せにくいものです。常に様子に気を配り、おかしいなと思ったらすぐに動物病院に連れて行きましょう。

病院へ行く時の注意

 動物病院に連れて行くときには、いつも暮らしているケージに入れたまま連れて行きましょう。エサの種類や糞の状態は診断の手助けになります。
 夜間などですぐに連れて行けないという場合、まずは暖めてあげてください。白熱電球やペットヒーター、冬ならコタツに入れるのも良い方法です。ただし、コタツの場合、ケージの半分だけを入れるなどして、暑すぎた場合の逃げ場所を作っておきましょう。

▲ページの先頭に戻る