飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

飼い方ABC~にゃんこ編~

病気かも?と思ったら

主治医さんを決めておきましょう

 具合が悪くなってから慌てて病院を探していたのでは遅すぎます。健康なうちから信頼できる病院を見つけておきましょう。獣医さんと仲良くなっておけば、迷った時でも気軽に相談できるようになります。時間外や休日の診療も可能かどうかあらかじめ聞いておけば、もしもの時も安心です。

 ・元気がない
 ・食欲がない、あるいは極端に食欲が出ている
 ・急にやせて来た
 ・吐いた後にぐったりしている
 ・どこかをしきりにかゆがる
 ・糞・尿の量や色、形がいつもと異なる
 ・足を引きずっている、触ると痛がる場所がある
 ・身体にしこりのようなものがある
 ・しきりに咳やくしゃみをする
 ・その他、普段と違う症状が出ている

 少しでも気になることがある場合、まずは動物病院へ相談してみましょう。

 

病院へ行く時の注意

 動物病院という、知らない場所へ連れて行かれた猫はとても興奮し、飼い主が抱いていたとしても何かの拍子に逃げ出すことがあります。病院へ連れて行く場合、大き目の洗濯用のネットに入れておけば、万が一逃げたとしても捕まえやすいですし、注射などはネット越しに行うことが可能です。
 また、吐いたものや糞・尿が残っていれば一緒に持っていきましょう。診断の為の重要な手がかりになります。
 普段の食事を聞かれることがありますので、フードの種類や量をあらかじめメモ書きしておけば慌てることもありません。

▲ページの先頭に戻る