飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

飼い方ABC~わんこ編~

犬を飼うための費用

犬を飼うにはお金がかかります!

 動物を飼うにはそれなりの労力と時間、そしてお金がかかります。
 犬を迎える際にかかる費用はもちろん、毎年必要になる経費もきちんと準備しておくようにしましょう。
 人間でも月々の食費や医療費が家庭によって異なるように、犬の諸経費もまちまちです。大まかな目安を挙げておきますのでご参考にしてください。

食費に消耗品、そして治療費などなど

 まず、最初に必要なのが犬の購入費用。
 譲ってもらうというのなら別ですが、購入するならペットショップやブリーダーによって、また犬種や血統書の有無によって大きく価格が変わります。いずれにしても、犬の管理やその後のケアなどにおいて信頼のできるショップやブリーダーを見極める必要があります。

 続いて、サークルやケージ、食器、リード(引き綱)、首輪、グルーミング用品などの飼育グッズをそろえましょう(約2~4万円)。
 動物病院で健康診断や予防接種をしてもらうことも不可欠(約2~3万円)。血統書付きの犬であれば愛犬団体への手続き代がかかりますし(約1万円)、不妊手術をするのであればその費用がかかります(約2~4万円)。
 毎年必要なものとしては食事代(約3~10万円)とシャンプーなどの消耗品代(約2万円)。また、狂犬病予防や混合ワクチンなどの接種、フィラリアの予防も必要です(約3~5万円)。
 犬には健康保険がないため、病気やケガをすれば治療費は全額飼い主の負担になります。人間に比べ高額なことが多いので、その費用も考慮して。

▲ページの先頭に戻る