飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

飼い方ABC~うさぎ編~

うさぎの歴史と種類

うさぎの歴史

 一般的にペットとして飼われているウサギ(カイウサギ)は「アナウサギ」と呼ばれる種類を改良したものです。ウサギを家畜として飼うようになったのは約2000年前。日本では、かつて日本白色種と呼ばれる白いウサギが主に飼わ れていましたが、現在ではさまざまな種類のウサギが親しまれています。

うさぎの種類

・ネザーランド・ドワーフ
 「ピーターラビット」のモデルになっているウサギ。活発な性格ですが、やや神経質な面もあります。体重は1kg前後。

・ロップイヤー  
長い耳が垂れているウサギです。人なつこく甘えん坊な面があります。体重は6kg前後ですが、小型化された種類もあります。

・日本白色種  
昔から日本では馴染み深いウサギ。その名の通り全身が白い毛並みに覆われ、赤い目をしています。体重は3~5kg。

・ミニウサギ  
特定の種類を示すものではなく、2~3kgの小型のウサギの総称。雑種であることが多いため、特徴は一定していません。

うさぎの寿命はおおよそ8~10年とされています。

うさぎの生態

 カイウサギの先祖であるアナウサギは、地下に長いトンネルを掘って集団で暮らしています。ノウサギと異なり、行動範囲はそれほど広くありません。また、ノウサギは種類によって冬に毛色が白く変わるものがありますが、アナウサギの毛色は1年を通じて変わりません。
 また、ウサギは普通の糞のほか、栄養分を多く含んだ柔らかい糞(盲腸糞)の2種類を排泄します。盲腸糞は排泄すると肛門に口を近づけて食べてしまいます。

▲ページの先頭に戻る