飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

猫の病気

尿路感染症

 猫のかかりやすい病気のひとつが尿路感染症です。尿が通る道である尿道などに、細菌や真菌などが侵入して発症します。

【原因】

 便などに入っている大腸菌やブドウ球菌、レンサ球菌、パスツレラ菌などで感染するケースが多いといわれています。 また尿道にできた尿結石が、膀胱や尿路をキズつけて細菌が繁殖しやすくなり、炎症が広がることもあります。

【症状】

 尿の回数が増え、何度も少量の尿をしぶるように排泄するようになります。トイレ以外のところで排尿したり、背中を曲げて排尿したり、痛くて声を出して排尿したりします。おなかを触ると痛がり、尿がたまっておなかがふくれることもあります。
 ひどくなると、尿の色がにごったり、出血のため赤い色の尿が出たりします。 メス猫の場合は膀胱炎から、また、オス猫の場合は結石が原因で尿路感染症を発症することが多いようです。


【治療・予防】

 尿の検査をし、細菌を特定して、その菌に合った抗生物質を投与します。そのままほうっておくと、腎臓まで炎症がおよび、全身性の疾患になることもあるので、早めにしっかり治療しましょう。尿結石がある場合には、尿結石の治療を施します。
 予防としては、尿の回数や、色を毎日チェックするようにしましょう。水を十分飲ませることも忘れずに。
 尿意をもよおしたら、我慢せずにトイレに行くこともとても大切です。 トイレが汚れていると我慢する子もいるので、常にトイレは清潔を保ちましょう。
 多頭飼いの場合、ほかの猫ちゃんが便や尿をしていると我慢してしまう子も いるので、一匹に1つのトイレを用意してあげるようにしましょう。

 

 

 

▲ページの先頭に戻る