飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

 

犬&猫の病気

アレルギー性皮膚炎

 ワンちゃんや猫ちゃんたちも様々な外界からの影響で、脱毛したりして皮膚炎になることが増えてきています。
 アレルギー性皮膚炎とは、ペットが、体内の中にあるアレルゲンに反応して起こる皮膚病です。 食餌などの食べたものからアレルギーになる「食餌性アレルギー性皮膚炎」と、アレルゲンとなる物質を吸ったりして体内に入れて起こる「アトピー性皮膚炎」、触ったりしてできる「接触性のアレルギー皮膚炎」と3つに分けられます。

【食餌性アレルギー性皮膚炎】

 季節に関係なく病気になります。原因は、食べ物。食べ物の中に、アレルゲンとなるものがあり、それに反応して痒みなどがでてきます。
 アレルゲンになるものは、肉類、乳製品などのたんぱく質や小麦などの炭水化物にも見られます。特徴は、痒み。とにかく痒いので、ごしごし掻いてしまい、皮膚炎がひどくなる例が多くあります。
 治療法としては、まずアレルゲンになっている食べ物を取り除くこと。鶏肉で、アレルギーがあるようなら、ラムなどの別のたんぱく質に取り替えて様子を見てください。

【アトピー性皮膚炎】

 免疫グロブリンEという抗体が作りやすい体質の犬に見られます。花粉やダニの卵、ハウスダストやかびの胞子などを吸うことで、顔や、手足、おなかなどが強烈に痒くなります。アトピー性皮膚炎は、食餌性のアレルギー性皮膚炎より、多く発症します。
 治療法としては、痒みを減らすためのステロイドを使ったり、原因になるアレルゲンを特定するために抗原抗体反応を調べます。アレルゲンが特定されれば、それを取り除くために、掃除などに心がけましょう。


【 アレルギー性接触皮膚炎】

 薬品や化学製品などに触ることにより起こる皮膚炎です。シャンプーでぶつぶつができてしまったり、ノミ取りの首輪をしていると毛が抜け痒がったりするのもアレルギー性接触皮膚炎です。
 接触した所を中心に強い痒みをおぼえます。よく見られるのが、人にも多い蕁麻疹です。

▲ページの先頭に戻る