飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

 

犬&猫の病気

口内炎

  口の中の粘膜や舌、歯肉など、口の中全体にできた炎症の総称です。
 通常は口の中の炎症は、唾液の抗菌作用や洗浄作用により、自然に治癒することがほとんどですが、炎症が起きる時は、口の中全体に広がりやすく、慢性化しやすいといえます。
 痛みを伴うため、食欲も落ちてしまいます。特に高齢の猫ちゃんは口内炎から二次的に感染症にかかる危険性も高いので、できるだけ早く見つけて治療することが大切です。

【原因】

 原因はさまざまなものが考えられます。硬いものが口の中に刺さって傷がついたり、薬物や毒物性のものが口の中に入って起こります。歯肉炎から細菌や真菌に感染したり、腫瘍、ウイルス感染、ビタミンが欠乏する栄養障害などでも起こります。また、猫免疫不全ウイルス(FIV)感染症、猫白血病ウイルス(FeLV)感染症などに感染している猫は、免疫力が弱まって口内炎を発症することもあります。

【症状】

 炎症が起きると口の周りやあご、頬などを触られるのを嫌がります。食欲が落ち、食べ物をかんだり水を飲んだりすることができなくなって痩せてくることもあります。口の周りはよだれが出て、唾液や吐く息は悪臭をはなつようになります。

【治療】

 口の中を見て、原因を確定します。異物が刺さっていたりした場合は、まず取り除き、炎症を抑え感染を予防します。見てわからない場合は、血液検査や組織学的検査で原因を見つけ、抗生物質や抗炎症剤を投与し、口内炎の箇所に薬を塗ったりもします。

 

 

 

▲ページの先頭に戻る