飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

犬&猫の病気

糖尿病

 人間と同じように、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの量が不足する病気です。 インスリンは血液中のブドウ糖を細胞内に取込む働き、体内で脂肪やたんぱく質を合成する働きをもつホルモンで、取り込めなかった糖分が尿に含まれるようになるため、糖尿病と呼ばれます。
 インスリンの分泌が悪くなる最大の原因は太り過ぎ。また、遺伝的な要因やストレス、ウイルス感染などが原因になることもあります。

【症状】

 インスリンが不足するため、ブドウ糖を細胞内へ吸収することができなくなります。 尿の量が著しく増加し、犬はのどが渇いて水を大量に飲むようになります。
 また、同時にたんぱく質も失われるため、食欲が増加しますが、体内にたんぱく質や脂肪を蓄えられないため食べても痩せていくのが特長です。
 重症になると、腎不全や白内障などの病気を併発したり、末期になると、嘔吐や呼吸困難が起きます。早期発見、早期治療が重要です。

【治療】

 血糖値を測定し、その量に応じた治療を行います。
 軽症の場合は、食餌療法を行います。繊維質が多い低カロリーの食餌を与えましょう。動物病院の処方食を与えるのもよい方法です。
 重症の場合はインスリンの注射をします。一番の治療や予防です。まずは肥満を防ぐこと。適度な運動と食餌量を心がけましょう。
 また、メスの場合は避妊することによってある程度発生を抑えることができます。

 

 

▲ページの先頭に戻る