飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

犬&猫の病気

湿疹

 痒みがあって、急性あるいは慢性の皮膚炎を総称して湿疹といいます。

【原因】
 アトピーやアレルギーによるもの、薬を飲んだり塗ったりすることで起きたり、なにかに触れたために皮膚に炎症が起こる皮こともあります。

【症状】

 急性の湿疹の場合には、痒みが強く、皮膚が湿ったような状態になり、痒みのために、皮膚をひっかいたり舐めたりするので、皮膚の状態を見るのがむずかしくなります。
 慢性の場合は、痒みの強いのは同じですが、急性に比べて皮膚が湿っていないのが特徴です。皮膚も慢性的に疾患があるので、色素が沈着したり、皮膚が固く厚くなったりします。

【治療】

 原因を限定するために、寄生虫学的検査、微生物学的検査、免疫学的検査、病理検査などをすることもあります。
 抗アレルギー剤、消炎剤、ステロイド剤、抗菌・抗生剤などを内服や外用して、治療を行います。

 

 

 

▲ページの先頭に戻る