飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

犬&猫の病気

横隔膜ヘルニア

 胸とお腹の間にある筋肉と腱でできている膜が、横隔膜。この横隔膜が外からの強い衝撃によって破裂すると、胸の部分に臓器などが入り込んで発症するのが横隔膜ヘルニアです。
 呼吸困難に陥いり、嘔吐、食欲不振などの症状があらわれます。

【原因】
 交通事故や高いところからの落下など、腹部に強い圧力が生じることで横隔膜が破裂します。破裂したところから、肝臓や胃、腸、脾臓などの内臓が胸部に入り込んで起こります。
 生まれながらにして発症している先天性横隔膜ヘルニアの場合は、心臓や胸に奇形があることがあります。

【症状】

 横隔膜ヘルニアの症状は、破裂した穴の大きさや位置、破裂の度合いによって、軽度から重度までさまざまです。共通するのは呼吸器の障害です。
 また、おなかの部分がへこんでいることも多いようです。 症状が重いと、チアノーゼ、起立困難、体温低下、さらにショック状態に陥ることもありますが、時間の経過とともに、症状が緩和することもあります。
 軽度の場合は、呼吸数の増加や食欲不振などの軽い症状がみられます。

 先天性横隔膜ヘルニアの場合は、症状は徐々にあらわれ、生後1か月くらいから呼吸が浅くなり、発育がよくないために体が大きくなりません。

【治療】

 内科的に感染などを予防しながら、最終的には外科的手術で、破裂したり、欠損している部分を整復します。

 

 

▲ページの先頭に戻る