飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

犬&猫の病気

巨大食道症

 何らかの原因で、食道の一部や胃の噴門部(食道につながる入口付近)が狭くなるために、その口側の食道が拡張します。拡張の程度は時間が経つとともに大きくなり、食べ物がここにたまってしまい、すぐに吐き出してしまう状態です。

【原因】

 先天的に食道の神経が欠如していたり、遺伝的な疾患が影響しているものを原発性巨大食道症と呼んでいます。
 別の疾患から二次的に発症するのが続発性巨大食道症です。胃の出口の幽門が閉じてしまうことで食道が拡張し、食べ物がひとまず胃まで入りますが胃の中で停滞するといった「幽門機能障害をともなった食道拡張症」や、大動脈の分岐異常が原因で起こる食道拡張症などがあります。また慢性食道炎にかかっても食道が拡張することがあります。

【症状】

 拡張した食道内に食べ物が停滞するため、食後すぐに食べたものを吐き出します。子猫がかかると、食餌をしてもすぐ食べたものを吐き出し、吐き出したものが鼻に入ったり、誤えん(食道に入るべきものが、気管や肺に入ってしまうこと)して鼻炎や肺炎を併発することが多いので注意が必要です。

【治療】

 まず、胸部X線検査やバリウム造影などで検査をして、現在の状態と症状の程度を確認し、中程度で手術が必要な場合は、外科手術により胃の入り口の噴門括約筋を切開して広げるなどの処置を施します。

 

 

 

▲ページの先頭に戻る