飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

 

犬&猫の病気

ノミ・ダニを予防しよう

 ワンちゃんや猫ちゃんに取り付いて血を吸うノミやダニは、血を吸うだけでなく、さまざまな病気を媒介する困った存在です。また、ノミは「犬条虫」の運び屋としても知られています。ペットに健康な生活を送らせてあげるためにも、徹底的に駆除することが飼い主さんの責務といえます。

【ノミが引き起こす病気】

■ノミアレルギー性皮膚炎
 ノミの唾液に含まれる「パプテン」というたんぱく質に対してアレルギー反応が起こります。背中やお尻にかけて毛が抜けたり、腰のまわりや尾のつけ根が脱毛することもあります。

■犬条虫症
犬条虫(瓜実条虫)という寄生虫が原因です。多くの犬条虫が寄生すると、食欲不振、軟便や下痢といった症状が現れます。

【ダニが引き起こす病気】

■バベシア症
 マダニを媒介にし、バベシア原虫が原因で起こります。バベシア原虫がワンちゃんの赤血球に寄生し、赤血球を破壊するので重度の貧血になります。発熱や黄疸、尿が褐色になったりします。体表のマダニの駆除と同時に、体内のバベシア原虫を飲み薬で駆除します。

■疥癬症
イヌセンコウヒゼンダニが皮膚に寄生して起きます。感染しているワンちゃんの首輪やブラシなどから感染します。柔らかいひじや耳、おなかなどに発症しやすく、強烈に痒がり掻いてできた傷口から感染することもあります。

■毛包虫症(ニキビダニ症、アカルス)
ニキビダニは普段から寄生していますが、抵抗力が弱ってきたときに異常繁殖して、症状が現れやすくなります。母犬から母乳を飲む時感染するため、目や口のまわりなどが脱毛し始めます。抵抗力の弱い子犬や高齢犬には特に注意が必要です。

■ツメダニ症
ツメダニが皮膚に寄生して炎症を起こします。皮膚が赤くなり、毛の先端にツメダニが付着して白い粉がふいているように見えることもあります。

※ノミダニは、駆除薬を毎月1回与えるだけで、ほぼ100%予防できます。
気温が約13℃になると発生すると言われています。約13℃以上になったら、獣医師に相談して予防をするように心がけましょう。

 

 

▲ページの先頭に戻る