飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

 

犬&猫の病気

冬に多い病気

●運動不足と寒さが大敵

 冬に特に気をつけたい病気がいくつかあります。飼い主さんが気をつけたり予防するしかないので、十分に気を配ってあげましょう。
 また、病気になった場合にも、早期発見できれば早期に治療でき、結果的に治療期間も短くなるはずです。早めに気づいて、早めに病院に連れていくように心がけ、「たいしたことはない」という素人判断は避けるようにしましょう。

【泌尿器系の病気】

 冬になると運動量が減るため、水を飲む量が少なくなりがちです、また、外で排泄をするワンちゃんの場合は、寒さのため散歩に行く回数が減少して排泄できず、病気になるワンちゃんもいます。
 これらの原因で、秋から冬にかけては、膀胱や尿道、腎臓などの泌尿器系の病気が多くなります。おかしいと思ったらすぐに動物病院に連れていくようにしましょう。
●症状
 排泄する時の状態が変わります。いつもより長くオシッコをしたり、オシッコする時に痛そうな表情をしたり声を出したりします。また尿の色がいつもより濃かったり血液が混ざっていることもあります。
 外で排泄するワンちゃんは、その時の状態がわからないので、トイレシーツの上でさせたり、尿の出るところをティッシュペーパーなどで拭いて尿の色や血液の有無を確認しましょう。
●予防
 外で排泄するワンちゃんの場合も、室内で排泄できる習慣をつけるようにしましょう。そうすれば、散歩にでかけにくい寒い日でも、室内で排泄することができます。

【関節などの病気】

 寒くなると散歩の機会が減ったり、じっと家にいることが増え、脂肪が増えたり筋肉が弱ってしまいがちです。そうなると筋肉が関節や骨をしっかり維持できなくなり関節炎を起こすことがあります。また、運動不足で肥満になり、関節や骨に体重の負担が重くかかることになって炎症などを起こすこともあります。
 歩き方がおかしいなって思ったら、動物病院に連れていきましょう。
●症状
 歩き方がいつもと違ってきます。「いつもより歩くのが遅い」「リズムよく歩けない」「腰をふらふらさせながら歩く」などです。いつもと様子が違うと思ったら、歩き方に注意してみましょう。
●予防
 肥満が原因の場合は体重を減らすことを心がけましょう。冬は散歩の量を増やすことはむずかしいので、まず食事のカロリーを減らすことです。おやつを与えている場合は、おやつをやめるか、やめられないなら、フードの量をおやつで摂取したカロリー分だけ減らして与えてください。
 運動がよいからと、急に激しい運動をさせることは避けましょう。寒い冬に、急に走り出したり運動したりすると、筋肉は硬直し関節も温まっていないので、関節や骨を痛めてしまいがちです。軽い運動でウォーミングアップしてから運動させるように心がけましょう。

【呼吸器系の病気】
 冬は気温が低い上に、場所によっては乾燥しているので、呼吸器は刺激を受けやすくなり咳が出やすくなります。また、寒さのために体内の抵抗力が落ちている場合も多いので、寒さに弱い犬(チワワなどの超小型犬や子犬)は特に気をつけるようにしましょう。また、暖をとるために部屋を閉め切ってしまいがちなため、細菌やワクチンが繁殖しやすいので室内の空気はこまめに換気するように注意しましょう。
●症状
 多くの場合咳をします。早めに動物病院に連れていくようにしましょう。
●予防
 乾燥している場合には加湿器などを利用して湿度を保ちましょう。ウイルスなどによる伝染性しやすい病気を予防するには、室内の通気をよくするようにしましょう。

【伝染性の病気】
 寒い季節になると抵抗力が落ちたりすることで病気に感染しやすくなります。また、複数頭のワンちゃん猫ちゃんを飼っている場合には、1頭が病気になると他のワンちゃん猫ちゃんにどんどん感染してしまう可能性が高くなるので注意が必要です。
 特に気密性の高い同じ部屋でワンちゃんたちが過ごしている場合には、ワンちゃんたちの状態をよく観察してください。ある程度の伝染性の病気はワクチンで予防できるので、毎年一度のワクチンを接種しておくようにしましょう。主な伝染病としてはジステンパー、パルボウイルスなどの感染症があります。
●予防
 ワクチン接種が第一です。また、冬は体力が下がり気味なので体力を維持するために、適度な運動を毎日欠かさないようにしましょう。

 

 

 

▲ページの先頭に戻る