プードルといえば、あの独特のカットスタイル。
もともと水中狩猟犬として実用のためのカット(クリップ)でしたが、やがてそれに美的な要素が加えられ、さまざまなショークリップが登場することになりました。

ここでは主なプードルのカットスタイルをご紹介しましょう。
あなたのワンちゃんにはどんなカットスタイルがお似合いでしょうか? 

★プードルのおもなカットスタイル
 ■コンチネンタル・クリップ
プードルといえばこのカット。プードルの骨格や筋肉のつき方がよく分かるように、後ろ足部分を刈り上げているおなじみのスタイルです。
ドッグショーで一番人気のカットでもあります。
 ■イングリッシュ・サドル・クリップ
プードルの狩猟犬時代を彷彿とさせる古いカットスタイルの形。ゴージャスなイメージで、気品あふれるプードルの魅力が引き立ちます。
 ■スポーティング・クリップ
足の部分は太く、胴の部分を短く刈り込んでいます。
 ■サマー・マイアミ・クリップ
頭、尾、足先以外を短く刈り込んださっぱりしたスタイル。名前のとおり、夏におすすめ。
 ■テディ・ベアカット
いまやトイ・プードルで爆発的に人気のカット。まるで動くぬいぐるみのような仕上がりに飼い主さんたちも大満足。特にブラウンやアプリコットの毛色のコにお似合いです。
 ■パピー・クリップ
1歳以下の子犬に施されるショー用のカット。
紹介したカットスタイルのほかにも、今はさまざまなカットスタイルが登場しています。家庭で飼うのなら、「このカットでなくては」などという決まりはないので、そのコに似合うカットを楽しみながらしてあげるのが一番!