いつも心を癒してくれる愛猫。
そんな大切なパートナーをいつまでも健康で楽しく過ごさせてあげるのが飼い主さんの務めです。
日頃からどういったところに気をつけていればよいのでしょうか?
猫の病気の見つけかたについて、猫をこよなく愛する「ハテラ」ちゃんが、友愛動物病院院長・けいこ先生に聞きました。
猫ちゃんをこよなく愛する女の子。
病気のことがとっても気になります。
麻布獣医科大学(現麻布大学)卒業。友愛動物病院グループ院長。現在トイ・プードル2匹とスコティッシュ・ホールドとの楽しいペットライフを満喫中。
Q:
猫の健康に気をつけるには、どういったところをチェックすればよいですか?
A:
まず、毎日観察してほしいのが、猫ちゃんの「トイレ」です。オシッコやウンチは健康のバロメーター。これは人間も同じですね。オシッコの回数は多すぎないか、少なすぎないか、ウンチの量や硬さは正常か、いつもとは違った異臭を放っていないか? こういったところを毎日チェックすることが大切です。今日したオシッコやウンチがはっきりわかるように、トイレはいつも清潔に保ってあげてください。
Q:
うちの猫はたまに外でオシッコしてきちゃうんですけれど。
A:
たまに外に出る機会のある猫ちゃんも、できればオシッコやウンチは室内でさせる習慣をつけさせるほうが安心ですね。
Q:
ご飯に関してはどうですか?
A:
飯も健康状態を見極めるたいへん大切な要素ですね。何をどれだけ食べたか、またはどのような食べ方をしているか、などをよく観察してあげてください。いつもより食が細かったり、お水を大量に飲んだり、歯をかばって食べているようだったりすると、なんらかの病気のサインかもしれません。「おかしいな?」と思ったらすぐに動物病院へ連れていきましょう。
Q:
たまに目やにが出ていることがあるんですが
A:
目の輝きも、猫の体調を見極めるサインです。少しの目やになら大丈夫ですが、目やにがひどい場合は結膜炎などの可能性も出てきます。日頃から目に輝きがあるかも注意してみてあげてください。また、毛につやがあるかどうかもチェックしてあげてください。
Q:
私が風邪を引いたときには、猫にもうつったりしないかと心配なんですが?
A:
人間の風邪のウイルスと猫ちゃんの風邪のウイルスは違うものなので、ハテラちゃんの風邪が猫ちゃんに移ることはありません。ちなみに人間の風邪ウイルスというと、インフルエンザやコロナなど、いろいろなものがありますが、猫ちゃんの風邪ウイルスはひとつだけ。ヘルペスウイルスによるものです。症状は人間と同じで、鼻水やくしゃみが出て、発熱があり、食欲もなくなります。ヘルペスウイルスは感染力が強く、唾液や鼻水はもちろん、空気感染もするので注意が必要です。
Q:
予防するにはどうすればよいですか?
A:
最大の予防はワクチンです。3種混合から7種混合まで、動物病院では防げる病気によってさまざまな種類のワクチン接種を実施していますので、年に1回はワクチン接種をして、猫ちゃんを病気から守ってあげましょう。
猫ちゃんのここをチェック!
1.トイレをチェック → どんなオシッコ(ウンチ)? 量は? 臭いは?
2.食事をチェック  → なにをどれだけ食べた? 食べ方は?
3.目や毛をチェック → 目の輝きは? 毛につやはある?。