猫の額
一に猫、二に猫、三に猫! 
猫をモチーフにしたアート作品販売から、ギャラリー展示まで、
お店全体が猫アートで出来上がっている
究極の猫雑貨&猫ギャラリー店『猫の額(ひたい)』におじゃまいたしました。
お店の入り口からすでに猫一色
猫がひなたぼっこしてそうなのどかな下町、東京・高円寺。
商店街の一角を曲がると「猫の額」と描かれた味のある看板が見えてきます。
木製のドアからしてもう猫の形!上を見上げると、瓦のところにもさりげなく猫の顔!お店に入る前からすでに猫世界の洗礼を受けられる仕掛けになっております。体がやわらかくなったところでいざ店内へ。
ドアの模様が猫になってます。
瓦の下には富士山みたいな形の猫たち。表情がそれぞれ微妙に違ってます。
約7000点の猫雑貨!
店内はまさに猫、猫、猫!!

マグカップからアクセサリー、絵画、置物、絵本、扇子にバッグ、ギターに招き猫などなど。個性的な作家さんによる手作りの猫雑貨がぎっしり!猫アートの小宇宙がそこには広がっておりました。

もともとモノを作ることに関心があったオーナーの木村慎一さん。2003年、当時飼っていた猫の死をきっかけに、「さまざまな思いで猫作品を作っている作家さんたちを応援したい」という気持ちから、猫雑貨店『猫の額』が誕生しました。

当初、参加していた作家さんたちは約50人ほど。それが徐々に増えはじめ、今では下は10歳から上は70代まで、約200人の作家さんたちが猫作品を提供しているのだとか。

「作品はすべて手作りの一点ものです。それぞれの作家さんがそれぞれの猫への思いをこめながら作っています。なぜか作品の中の猫の顔が作家さんの顔によく似てくるんですよね(笑)」

木村さんが自らのインスピレーションで厳選した作品は、現在約7000点。そのどれもが、大切にしてくれる“飼い主さん”を今か今かと待っているようです。

店内では、猫アートのギャラリーも随時開催。
この日は、「Corn Apple Tomato 〜 野菜な猫たち 果実な猫たち」と題して、猫と野菜をモチーフにした作品を手がけているふたりの作家さんたちの「ふたり展」が催されておりました(2008/6/4終了)。

その他、毎年恒例となっている、一般写真公募「猫じまん写真展」や「猫の音楽祭」と題した企画展など、猫に関連したさまざまな催しを一年を通じて実施しています。

いつ行っても新しい「猫発見」がある、そんなワクワク感が「猫の額」の最大の魅力なのかもしれません。

大人気の猫型マグカップ「ネコマグ」。ひっくり返すと耳としっぽが土台になって、きれいなカップに変身ニャ。
小さい小さい猫のミニチュア。虫眼鏡で覗いてみると、ちゃ〜んとおひげもついてます。横に消しゴムを置いてみると、その小ささがわかりますか?
10歳のアーティスト、岸根りんちゃんの作品。おヒゲの色、体の模様、おめめの色・・どこを取っても天才的な色使い!
これからの季節に大活躍しそうな猫扇子。繊細なタッチで描かれた猫からは、やわらかく涼しい風が吹いてきそう。
シルバーのキャットペンダント。猫が気持ちよさそうにのびをしているフォルムがリアル!猫の気持ちを100%代弁した動きに脱帽です。
キャットペンダントと同じ作家さんによる猫指輪。モチーフは後ろ肢としっぽ。着眼点がすごい。こんなユニークな形の指輪見たことないです。
デスクの上に置いて使う猫デスクメモ。ピリピリしてしまいがちな仕事場の空気も、このアイテムで和やかになること間違いなし。
個性的な「マオ猫」で人気のイラストレーター、山口マオさんがデザインした味のあるギター。いい音色を出しそうなギターです。
トイレの壁に描かれた猫の壁画。ここも小さなミニギャラリー!?
「ここも見てもらいたいんですよ」と木村さんに案内されてついていったところが、なぜかトイレ・・・。

え? もしや猫型のトイレ?

ガラっと扉を開けると、目に飛びこんできたのは猫の壁画!?

三堀宏樹さんという作家さんに、輪廻転生をテーマに描いた「万物流転ノ図」という壁画をトイレに描いてもらったそうです。

混沌から宇宙の誕生、そして文明へと、用を足しながら壮大なテーマに思いをはせることができます。

「もっと見たい!」という方はこちらをどうぞ。木村さん自らHPでご紹介しております。実物が見たい方はぜひ高円寺へ足をお運びください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www6.speednet.ne.jp/~nekojarasi/hpdeta/newpage40.html

 ★お店 DATA
「猫の額」オーナーの木村慎一さん(右)と、今年19歳になる愛猫「ジャッコ」ちゃん(左)。ジャッコちゃんは他の猫を見ても吐いてしまうほどナイーブな女の子。木村さん以外にはめったに心を許しません。直接は会うことはできなかったのですが、とっても愛くるしい美猫ちゃんなのです!
住所: 東京都杉並区高円寺南3−20−11 1F

TEL&FAX: 03-3317-3115

オープン時間: 12:00〜20:00

定休日: 木曜日(祝日は営業)

URL : http://www6.speednet.ne.jp/~nekojarasi/
(2008.07.01)