飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

愛犬のための、上手なしつけの方法

「常同行動」についての基礎知識

「常同行動」、4つの原因と対策

 足をずっと舐め続けたり、同じところをぐるぐる回り続けたりといった行動を「常同行動」といいます。自分の愛犬がこのような行動をとり続けると、パニ ックになってしまう飼い主さんも少なくありません。

 

 原因には大きく分けて4つのタイプが考えられます。愛犬の行動をじっくり観察して、原因と対策を考えてみましょう。

【原因1】皮膚病・けが

 

皮膚病やけがによる痛みやかゆみから、足を舐め続けることがあります。同じところをぐるぐる回るのも、お尻になにかけがをしていて、痛さやかゆさのためにお尻を掻こうとして回っている可能性があります。舐め続けるところを一度よく観察してあげましょう。    

 

《対策》

 舐め続けるとよけいに症状が悪化してしまうので、早めに近くの動物病院へ 連れていってください。

【原因2】かまってほしくてやっている

 飼い主さんがいるときだけやっている場合は、かまってほしくてやっている可能性があります。一度ワンちゃんをひとりにして、ビデオに録画するか、第三者に確認してもらうかして、ひとりのときもやっているかどうか確認しましょう。

 ワンちゃんが最初に足を舐め始めたとき、心配したり注意したりとあれこれ世話をやいてしまうと、ワンちゃんは「足を舐めればかまってもらえる」と学習してしまい、ずっとその行動を繰り返すことがあります。

 

《対策》

  ワンちゃんが足を舐めはじめても決してかまわず、しばらく無視してください。その代わり、ワンちゃんと遊ぶ時間をたっぷりもうけて、ワンちゃんの気持ちに対するフォローをしてあげましょう。欲求不満や退屈が、常同行動をエスカレートさせるきっかけにもなるので、一緒に遊ぶ時間を意識的に作るようにしてください。

【原因3】癖になっている

 

子犬の頃から舐めている場合は、舐める行動が習慣化されてしまっている可能性があります。こうなると辞めさせるのにはかなり根気が必要になりますが、まず「舐めるといやなことが起こる」ということを学習させるようにします。  

《対策》

  ワンちゃんが足を舐めそうになったら、大きな音を立てたり、ワンちゃんの近くに(決してワンちゃんに当ててはいけません)ものを投げてびっくりさせたりして、舐めると嫌なことがあると思わせます。 ※音を立てたり、ものを投げたりするのがあなただとワンちゃんにわからせないように行うことがポイントです。

【原因4】神経症

 これは特異なケースですが、稀に強迫神経症の可能性も考えられます。遺伝的に神経症になりやすいワンちゃんもいますが、幼い頃の過ごし方に問題があったり、ストレスを感じる環境に長期間放置されていたり、極度の不安状態を経験したワンちゃんなどに発症しやすいとされています。    

《対策》

遺伝や幼い頃の性格形成に問題があるような場合は、飼い主さんだけで解決することは難しいので、はやめに専門家に相談したほうがいいでしょう。単純にストレスの原因を突き止め、それを取り除いてあげることで治るケースもあります。

◎要チェック◎
常同行動には他にも下記のような行動があります。

・空気をかもうとする

・光や影を追いかける

・尻尾をかもうとしてぐるぐる回る