飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

愛犬のための、上手なしつけの方法

吠え癖を直すには

なぜ吠える?

 まずはワンちゃんが吠える"理由"について、考えてみましょう。
 ワンちゃんが来客に吠える理由について、大きく次の4つに当てはまります。   

1.警戒:自分の縄張りに知らない人が入ってくることへの警戒として。 2.不安:臆病なワンちゃんなら不安から吠えることも。   
3.歓迎:尻尾を振って吠える場合、歓迎している場合もあります。  
4.護身:高齢であったり、健康状態が悪いと、自衛本能として。

 この4つの理由は複雑に変化する場合もあり、喜んで吠えて歓迎を表していても、手を出すと急に警戒態勢に入って、噛まれる場合もありますので注意が必要です。  

不安、警戒といった理由で吠えるワンちゃんにインタビューしてみるときっとこんな答えが返ってくるはず。
 「うちの飼い主はまったく頼りにならないんだ。だからとっても不安だけど、ボクが守ってあげなきゃね!」  そう、吠えているのは頼れるボスがいないから!
 まずは、飼い主さんがワンちゃんに"頼れるボス"として認めてもらい、きちんとした"主従関係"を築くことが大切です。

"頼れるボス"になるには

●ステップ1  

群れの中の上位の犬が威力を示すためにとる行動に習って、 飼い主としての「強さ」を示す!
・ワンちゃんの首を押さえて、「ヨシ」というまで 横に寝かせたままの姿勢をとらせます。 クンクン鳴いても離さないで。 ワンちゃんがあきらめて全身の力をゆるめたら、 今度は優しくなでてあげましょう。

 

●ステップ2 「吠えない=ほめられる」ということを教える!

・第三者に来客役になってもらって、ワンちゃんにはリードをつけておきます。

・部屋に入ってきた来客に吠えそうになると、リードを引っ張り、 「いけない!」と大きい声を出します。 (ここでいうことを聞いてくれなかったら、もう一度ステップ1からはじめて 主従関係を築きましょう)

・ワンちゃんが我慢して吠えなかったら、思いっきりほめてあげ、 「吠えない」=「ほめられる」ということを学習させましょう。

 

 飼い主さんが完璧にボス的存在になれれば、ワンちゃんは頼れるボスに守られ、安心した状態となり、リラックスした生活をエンジョイできるはず!