飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

愛犬のための、上手なしつけの方法

基本練習は飼い主さんの心構えから

まずは飼い主さんの心構えが大切

 「マテ」「スワレ」は、ワンちゃんの基本訓練。でもその前に、まずは飼い主の"心構え"ができていることが大切です。
 大切なのは、飼い主さんもワンちゃんも、訓練を"楽しむ"ということ。  そのために、知っておきたい7つのポイントを紹介しましょう。

訓練のための7つのポイント

①訓練開始の時期は生後5~6カ月

訓練では、ワンちゃんが飼い主の出す指示を理解し、喜びを持って従うことが大切です。そのためには、ある程度成長し、理解力や判断力を身につけたこの時期から、訓練を開始するのがベストです。

②訓練は短時間に集中して行うこと

1回の訓練時間は5~10分程度にしましょう。慣れてきても、30分以上続けるのは避けましょう。上達を早めたいときは、訓練時間をのばすより、同じ時間で朝晩2回など、回数を増やす方が効果的です。

③はじめは、訓練する場所を一カ所に決めて

はじめのうちは、ワンちゃんの気を散らさないよう、他の人や動物がいない、静かな場所を選びましょう。ひとつの訓練がきちんとできるようになったら、場所を変えて実践してみるといいでしょう。

④ワンちゃんの好きなものを利用して

言葉の指示だけだと興味を示さないことも。ワンちゃんの好きなおやつやおもちゃを使って要求に従うよう促してみましょう。うまくできたら、ごほうびとして与えるのがいいですね。

⑤複数の訓練を同時に行う    

ひとつの訓練に集中した方がいいのでは…?と思われるかもしれませんが、ひとつをずっと続けているとワンちゃんが飽きてしまい、興味を示さなくなりがちです。3~4種類を平行して組み合わせながら訓練するとよいでしょう。

 

⑥うまくできたらほめてあげることを忘れずに

ワンちゃんにとって、ほめられることは最大の喜び。失敗を叱ってばかりいないで、出来たときにおおげさなくらいなでてあげたり、「よくできたね!」とほめてあげましょう。

 

⑦訓練が終わったら遊んであげて

1日の訓練が終わったら、終わったことを合図で示し、思いきり遊んであげましょう! ワンちゃんとの信頼もぐっと深まります。

▲ページの先頭に戻る