飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

愛犬のための、上手なしつけの方法

まずはアイコンタクトから

しつけに不可欠なアイコンタクト

しつけをするには、ワンちゃんときちんとコミュニケーションがとれることが大前提。そのためには、ワンちゃんと「アイコンタクト」がとれることが大切です。
 では、どのようにしたらアイコンタクトがとれるようになるのでしょう。

 まずは、おやつなどで注意を引き、少しずつおやつを手で隠したり、持っているふりをしたりしながら練習します。そして、ワンちゃんと目が合った瞬間に名前を呼び、ほめたり、ご褒美をあげたりします。これで、ワンちゃんは「ご主人と目が合えばいいことがある」、と学習します。
 このとき注意したいのが、決して飼い主のほうからワンちゃんの目を覗き込まないようにすることです。アイコンタクトとは、あくまでもワンちゃんのほうから飼い主の目を見つめるものだということを、踏まえておきましょう。

ほめてしつけよう

 練習を繰り返していけば、最終的に名前を呼ぶだけで目が合うようになります。こうなれば、しつけをするときにもワンちゃんの集中力が増して、覚えが早くなるというもの。ワンちゃんとの信頼関係もぐっと深まります。
 うまくできたら、うんとほめてあげてください。失敗しても叱らず、根気よくしつけていきましょう。

▲ページの先頭に戻る