飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

愛犬のための、上手なしつけの方法

「フセ」の訓練

飼い主度が試される「フセ」

 「フセ」は、相手より体勢を低くするポーズ。 ワンちゃんがあなたを自分の"リーダー"と認めることではじめて成立する体勢です。そのためには飼い主さんのリーダーシップが大切。もう一度、自分の"リーダー"度を確認してみましょう。 
※リードをきちんとつけて訓練しましょう。  
※うまくできたら、ほめてあげたり、愛撫してあげたりすることを忘れずに!  

「フセ」の訓練3ステップ

【レベル1】お腹を地面につけることが「フセ」だと教える   

1.「フセ」と指示し、リードを下に引いて犬の前半身を下げさせる。

2.両方の前足を手で前方に引っ張り、伏せさせる。

 

【レベル2】おもちゃを使って伏せさせる

1.おもちゃなど、犬の好きなものを鼻先に見せて注目させる。

2.「フセ」と指示を出し、おもちゃを地面まで下げる。

3.犬が前半身を下げたらおもちゃを前方に移動させ、 「フセ」の体勢をつくる

 

【レベル3】「フセ」の体勢のままで「マテ」を教える

1.「フセ」と指示し、その体勢のまま犬を軽く抑え「マテ」 と指示。そのまま10秒ほどじっとさせ、「マテ」を教える。 

2.「フセ」、「マテ」と指示し、徐々に犬から離れてみる。 同時に待つ時間を長くしていく。

訓練のポイント

 正しい「フセ」の姿勢は、後ろ足をきちんとたたみ、お腹を地面につけることです。この基本姿勢を覚えさせましょう。
 ワンちゃんはとってもきれい好きです。地面がぬかるんでいたり、汚れているところでの訓練は避けましょう。
 最終的に、あなたが横に立って「フセ」と指示しただけで伏せるようになればパーフェクト!

▲ページの先頭に戻る