飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

愛犬のための、上手なしつけの方法

留守中のいたずら、どう直す?

お互いに依存し合っていませんか?

 留守中に排泄物をばらまいたり、家具を壊したり、吠えつづけたり。厳しく叱ってもなかなか直らないワンちゃんのいたずら。どうすれば直るのでしょうか?

 

 まず、普段からワンちゃんをサークルに入れる習慣がついているかどうか再確認してみましょう。もしできていないようなら、まずはサークル内で10分、20分と留守番ができるよう、訓練していきましょう。

 

 サークル内におもちゃを入れて、飼い主さんは別の部屋に移動して様子を見ます。しばらく我慢できたらおやつを与えたりして、思い切りほめてあげてください。これを繰り返し行ないながら、徐々に「ひとり」の時間をのばしていきましょう。

  なかには、精神的な不安とつながり、「分離不安症」と呼ばれる症状に悪化してしまう場合もあります。これには、遺伝的な問題や幼少期の生活環境など、さまざまな原因が関係していることもあるのですが、飼い主とワンちゃんが、互いに依存し合っている場合に起こることが多くみられます。

 

 お互いの独立心を養うためにも、次の点を注意してみましょう。

独立心を養うための4つの注意点

【1.愛犬があとをついて回ることを許していませんか?】    

 家の中で、愛犬があとをついて回ると、飼い主さんとしては嬉しいものです。しかし、これをずっと許しているとワンちゃんはますます落ち着きがなくなり、一時でも飼い主さんと離れると不安に陥ってしまいます。

 ワンちゃんがあとをついてきたら、「マテ」「スワレ」などと指示を出し、ついてこないように練習しましょう。座らせると気持ちが冷静になって落ち着きます。

 

【2.外出前、帰宅後はおおげさに犬を構わない】

 外出前、帰宅後に「行ってきます」「ただいま」など、おおげさに犬に接すると、犬の興奮が高まってしまいます。外出前と帰宅後の15~30分ぐらいは、ワンちゃんを完全に無視し、ワンちゃんをあまり興奮させないようにしましょう。

【3.外出しないときも、出かけるしたくをして犬を慣らす】    

 飼い主さんが出かける準備をしはじめると、ワンちゃんはすぐに察知して不安と結びつけてしまいます。「ゴメンね。すぐ帰ってくるからね」などと声をかけるとその不安がますますつのってしまうことも。外出時以外でも、コートを羽織る、口紅を塗る、カギを手にもつなど、外出するフリをして「外出」を「特別なこと」と思わせないように訓練しましょう。

 

【4.日頃からサークル内に入れ、ひとりの時間を作る】

 日頃からサークル内に入る習慣をつけさせ、徐々にひとりの時間をのばしていきましょう。サークル内にお気に入りのおもちゃやタオルなどと一緒にワンちゃんを入れ、あなたは別の部屋に移動し、留守番の状況を作ります。おとなしくしていたらおやつなどをあげて、ほめてあげることを忘れずに。

▲ページの先頭に戻る