飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

愛犬のための、上手なしつけの方法

マテの訓練

「オスワリ」の次に「マテ」を教えよう

 「マテ」も犬にとって基本訓練のひとつです。「オスワリ」ができるようになったら、今度は「マテ」の訓練に進みましょう。 

「マテ」の訓練3ステップ

【レベル1】座った状態で「マテ」を指示する   
1.犬をあなたのよこに"オスワリ"させます。   
2.リードを持たない方の手を犬の鼻先に見せて「マテ」と指示を出します。   
3.そのまま2~3歩離れて、犬と向き合います。   
4.犬が動き出しそうになったら、犬の前まで戻り、 「マテ」と言ってリードを後方に引きます。   
5.再び「マテ」と指示を出し、様子を見ながら犬から離れます。   
6.上手に待てたら犬のもとに戻り、静かに体をなでてほめてあげます。

【レベル2】「マテ」を指示したまま、犬のまわりを回ってみる   
1.「マテ」を指示して1.5メートルほど離れてから、犬のまわりをまわってみましょう。   
2.犬がきちんと待てるようになったら、今度はリードを地面に置いてまわってみましょう。

【レベル3】第三者に協力してもらう   
1.第三者にリードを持ってもらったまま「マテ」と指示を出します。  
2.そのまま5メートル、8メートル、10メートルと距離をのばしてみましょう。   
3.犬が動きそうになったら、「マテ」と強い口調で言い、同時に第三者にリードを強く引っ張ってもらいましょう。

上手に訓練するには

最初は短時間、短距離で訓練することがポイントです。いきなり長時間、長距離で待たせて失敗させてしまうと、待つこと自体ができなくなります。
 また、うまくできたときも、いきなり体をなでまわしたり、はしゃいで声をかけたりすると、犬は喜んで興奮してしまい、せっかく覚えたことを忘れてしまいます。ほめるときは、ひと呼吸置いてから、「マテ」の体勢が崩れないうちに静かになでてあげましょう。