飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

愛犬のための、上手なしつけの方法

オスワリの訓練

オスワリが基礎

 いよいよ基礎訓練の具体的な方法を説明していきましょう。
 まずは基礎中の基礎である"オスワリ"からです。訓練は"オスワリ"で始まり、"オスワリ"で終わるといわれるほど。これができるようになれば、ドッグカフェだってドッグランだって気兼ねなく連れていけますね。

4ステップで確実に訓練

 訓練をするときは、最初はおやつを使うレベルからスタートし、次第にレベルアップさせていきます。最終的に歩いている状態から声をかけるだけで座れるようにしましょう。
 うまく"オスワリ"ができたら、犬が体勢を崩さないうちに、「よくできたね」などと声をかけて、ほめてあげます。体をなでてあげることも忘れずに。

【レベル1】おやつを使う   
1.おやつを犬の目の前に持ってきて注目させます。   
2."オスワリ"と指示し、おやつをゆっくり上げます。   
3.犬の顔がそれにつられて上がると、自然にお尻が下がります。   そのまま手をお尻に添えて、座らせてあげてもいいでしょう。

【レベル2】リードを使って言葉だけで座らせる   
1.犬を横に立たせ、リードを短く持ちます。   
2."オスワリ"と指示を出し、同時にリードを後方に引き、犬の腰を軽く押します。

【レベル3】指示だけで座らせる   
1.リードをゆるめて持ち、"オスワリ"を指示します。   
2.最初の指示で座らないときは、もう少し強い口調で指示を出します。お尻を軽くたたいて合図を送ってもよいでしょう。   
3.何回か繰り返し練習し、最終的には言葉だけで座らせましょう。

【レベル4】歩いている状態から座らせる    
1.犬を横につかせて歩きます。   
2.立ち止まった時に、リードを使って犬も一緒に立ち止まらせます。
 この時、うまくできたら「ヨシ」などと声をかけてほめてあげましょう。 3.止まった状態のまま、"オスワリ"の指示を出して座らせます。  
4.最終的には飼い主が止まったらすぐに座れるよう練習しましょう。

 なかなか腰を落とそうとしない犬や、大型犬の場合は、手を犬の後ろ足の膝の後ろに添えて、足をたたませながら座らせます。
 毎日少しずつ、繰り返し練習しましょう。

▲ページの先頭に戻る