飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

愛犬のための、上手なしつけの方法

上手な歯磨きの方法

「歯磨き」は健康の基本

 ワンちゃんも高齢化や食生活の変化とともに、歯の病気になることが増えています。人と同様、歯を丈夫に保つのは健康の基本。できれば子犬のうちから歯磨きする習慣を作ってあげたいですね。

  歯磨きができれば、口の中に手を入れることもできるようになるので投薬などの際にも役立ちます!

「歯磨き」の上手な方法

1.最初は奥歯から    

歯石がつきやすいのがまず奥歯。 歯ブラシを口の奥まで持っていきます。

 

2.歯ブラシを噛ませる

歯ブラシに慣れるのが歯磨きの第一歩です。 奥歯のまわりをブラッシングして慣らせましょう。 最初は噛んでいるだけでも大丈夫。

 

3.歯ブラシを前にずらす

奥歯をブラッシングしたら、ゆらしながら前歯の方に少しずつ持ってきます。 小刻みにブラッシングするようにしましょう。

 

4.犬歯を磨く

奥歯からずらしながら、前に持ってくる間にある犬歯を磨きます。

「歯磨き」のポイント

1.【歯ブラシに慣らす】    

歯ブラシの間にドッグフードを入れて、口の中に入れてみましょう。 「歯ブラシ」=「おいしいもの」という関連付けをさせます。

 

2.【歯ブラシは顔の後方から入れる】

真正面から歯ブラシを入れると、ワンちゃんは驚いてしまいます。 自然に受け入れられるように、歯ブラシは側面から口の中に入れてあげましょう。

 

3.【大型犬は横に寝かせる】

中・大型犬の場合、抱いたり押さえたりが大変です。 要はワンちゃんが一番リラックスできる姿勢で行なえれば十分。 横に寝かせて落ち着かせてから、マッサージするように磨いてあげましょう。

 

4.【歯ブラシじゃなくてもOK】

どうしても歯ブラシが苦手なワンちゃんには、飼い主さんの指でもOK。 要は歯をこすれればいいのです。 指に直接ペースト(犬用歯磨き粉)をつけて、歯をこすります(何もつけなくてもOKです)。

 

  最初は嫌がるかもしれませんが、あきらめずに根気よく続けてみてください。 ワンちゃんの歯が健康かどうかは、飼い主さんの心配りひとつで決まるということを忘れずに!

▲ページの先頭に戻る