飼ってる人も飼いたい人もペットジャパン

愛犬のための、上手なしつけの方法

触られ上手なワンちゃんにするには

「触られる」ことはワンちゃんにとってとっても大切

 ワンちゃんの中には、「ブラッシングができない」「歯磨きをいやがる」「獣医師が触ると大騒ぎする」など、触られるのをいやがるワンちゃんがけっこういます。

 "触る"ことは、愛情表現のほかに、ワンちゃんの健康状態をチェックしたり、歯磨き、爪切りなどの手入れをしたりと、日常的に欠かすことのできない大切な行為。ぜひ「触られ上手なおりこうワンちゃん」にさせてあげたいものです。

触られるのを嫌う理由

1.知らず知らず、しつこくなでている    

もともとワンちゃんは行動的な動物です。子犬の頃は 触られたりするのを喜びますが、基本的に、なでられるよりは 遊んでいたほうがずっと楽しいと感じます。 かわいいからといって、飼い主さんがしつこくなですぎていると、 だんだんストレスになっていることも。

 

2.痛いおもいをさせたことがある

痛いおもいをさせると、手入れなどをいやがるようになってしまいます。 この場合は、おやつなどを与えながら触るようにして、 「触るといいことがある」ということを学習させましょう。

触られたときの、うれしい素振りといやな素振り

ワンちゃんを触っているとき、おとなしいからといって喜んでいるとは限りません。

 ワンちゃんの素振りを十分理解しておきましょう。

 

●こんな素振りをすると、触られるのを嬉しがっている!

・しっぽを大きくふる

・飼い主さんの口を舐めてくる

・お腹を見せて「もっと触って!」と要求する

 

●こんな素振りをすると、触られるのを嫌がっている!

・口の隅がヒクヒク動いている

・体がかたくなっている

・低く唸り声をあげている

・耳が後ろに向いている

・手に歯を当てる

触られてうれしい場所、いやな場所

ワンちゃんが触られてうれしい場所、いやな場所も把握しておきましょう。  

(※あくまでも参考です。ワンちゃんによっては異なる場合もあります)

 

●触られてうれしい場所

・あごの下

・胸の前

・耳の付け根

・おなか

 

●触られていやな場所

・足の先

・首のうしろ

・口のまわり

・耳の内側

触られ上手にさせる秘訣

1.ワンちゃんが動きたいときは無理に触らない  

2.おやつをあげながら触り、「触る=いいことがある」と 思わせる

3.たとえ嫌がっても叱らない。触っても静かにしていられたら 「いい子だね」とほめてあげる

 

  かわいいからなでたい、触りたい、という飼い主本位は禁物です!  それは人間関係も同じこと。相手を思いやってこそ、そこに深い愛情が生まれてくるもの。ワンちゃんとの愛情に満ちた生活、応援しています!